製造会社の立て直し 第13話

継続的繁栄①

 息子でも、娘でも、あるいは娘婿でも、後継者がいることは心強いです。家族でなく会社の管理者であってもいいです。
 後継者を育てる前提は利益の出る会社です。少なくとも大企業サラリーマンより多くの報酬と将来性が約束される状況をつくりだします。
 わたしの経験を話しましょう。ある方に後継社長を打診したところ、「現在の売上高はいくらですか」「報酬はいくらですか」という質問が来ました。わたしの会社は社会的意義があると思っていたのですが、思惑はずれていました。「こりゃ、ダメだ」と断念しました。現在は息子が後継社長についています。