奄美大島訪問記 ⑥-3 現地にて(続き)

奄美大島訪問記 ⑥-3 現地にて(続き)

また、この地域は台風による風の影響が強く、畑の周囲には防風林が必須との説明があり、2m程度が理想とのことで、主に竹とホンコンカポックで防風林としていたが、完備するまでには2年程度かかるとのこと。

この場所は水はけも良く、特に果樹を栽培するための土地改良の必要はないとの説明があった。ただし、「過去にオリーブ栽培をした」という話は聞いたことがないとのことであった。

2時間以上にわたっての懇談となったが、かなり貴重な情報収集となった。

その後、タクシーの待つ公園まで歩きながら、傍を流れる川の透明度に感嘆し、緑の多さに圧倒される反面、子供を含め人通りの無さに「過疎」という言葉の重さを感じさせられた一日であった。

次回⑦へ続く・・・