奄美大島訪問記 ⑧-3 最終日です(続き)

奄美大島訪問記 ⑧-3 最終日です(続き)

さらに店頭では、加工したばかりの黒糖がおかれ試食ができたり、簡単なビニール袋に入った商品(角砂糖様のもの)が500円ほどから量り売りをされていたので、お土産として2袋を購入しました。

この見学と説明して頂いた話の中で心に残ったのは、「特産品」と言われている奄美大島での黒糖にもかかわらず生産や消費の減少に伴って、加工所も年々減少しているという現状に何か割り切れないものが残りました。

そこから車で数分進むと「奄美大島酒造」の本社と工場があり、作業工程の見学は時間の余裕から無理であったが、「黒糖焼酎の歴史」や「作業工程」の説明を受け、試飲をすることができた。

次回⑧-4へ続く・・・